コラム

危険な風俗店の見分け方

投稿日:

危険な風俗店の見分け方

高級派遣風俗店にもいろいろありますが、ソープランドのように「本番ができるのでは?」と期待できる風俗の他に、フェラやスマタのような性的な類似行為によって目的を果たすようなタイプもあります。

ソープランドは現状から増えることはまず考えにくいので、類似行為で性的な快感を与えるとようなサービスを行う無店舗型のデリヘルなどが多くなることでしょう。

そこで働く風俗嬢がその日の気分で本番に応じてくれることはあっても、店側は禁じています。

そういった規定のサービスで感染する可能性がある性病は、淋病やクラジミアです。

他 の性病も感染しないとは限りませんし、性器と性器が密着しやすいスマタなどのサービスがあれば、更に他の性病に感染する可能性は増えます。

もしフェラだけのサービスを受けるとすれば、もっとも多いのが淋病とクラジミアということになります。

淋病やクラジミアは、喉にも感染しやすい性病です。 しっかりとした店舗であれば、そこで働く女性にはオリモノによる性病検査の他に、唾液なども定期的に検査するよう指導されますし、「働くならば強制」という形をとっている店も少なくありません。

感染している喉で生フェラをされれば、性器に淋病やクラジミアが感染りますし、キスをすれば喉に感染するでしょう。

感染した口で他の女性にクンニをすれば、相手の女性がその病気に感染する危険線は高まります。

このような形でどんどんと感染が広がります。個人差もありますので、クラジミアを持っている人にフェラをされたら必ず感染してしまうとはいえません。

「おれは風俗で遊んでも一回も性病になったことはない」という人はたまたまかもしれませんし、感染に強いのかもしれません。

でもそれは安心材料とは言えません。 それでも高級なデリヘルは先程の話のように「働くならば検査は強制」となっている店が少なくはありませんし、それがセールスポイントにもなっているはずです。

届出制になって「商売として認知されている」ものとなりましたが、それでもグレーゾーンに位置している不安定な商売です。

トラブルは出来る限り避けたいところですから、病気にもナーバスな対応を行っている店が多いのです。

ナンパや出会い系などで不特定多数の異性と関係を持っている女性よりは、安全性が高いということは言えそうです。

特にサイトなどで誘っている「車内プチ」などは、かなり危険そうですね。口内発射の後で、うがい薬でうがいをしている姿は、個人的に車内プチで見たことはありません。

高級デリヘル嬢の場合には、すぐにうがいをしている姿を良く見かけます。「仕事としてしっかりと確立しているのか」「個人のお小遣い稼ぎなのか」、この違いは衛生面においても大きいでしょう。

-コラム

Copyright© 危険な風俗遊びに警鐘を鳴らす! , 2020 All Rights Reserved.