結婚式の準備は、やる事が多くて本当に大変です。
そのためやり忘れを予防し、スケジュール通りに行動するために、リストを作る事をお勧めします。
ではどの時期にどのような事をすればいいのか紹介します。

結婚式の準備のスケジュール

結婚準備:1年前

結婚式の準備は余裕を持って取り組む事が重要です。
式場選びも人気の式場は予約が埋まってしまうので、1年前から準備をスタートするといいでしょう。最初にやるべき事は、両親に結婚の報告し、相手の両親に挨拶をしに行く事です。

結婚とは本人達同士の問題ではありません。
結婚して家族が一気に倍に増えるので、家族にしっかり挨拶をする事が重要です。

結婚準備・半年前

結婚式場が決まったら、次は仲人の有無を決めましょう。
最近は仲人無しの結婚式も増えてきていますが、仲人有りにする場合は、半年前には依頼しておくのがマナーとなります。

あと結婚式で交換する結婚指輪も用意しておきましょう。
結納して、ドレスを選んで、招待客のリストを作成するなど、やる事がたくさんあります。

結婚準備:3ヶ月前

3ヶ月前になると、さらにやるべき事が増えてきます。
招待状のデザインを決めたり、2次会の幹事を依頼したり、式場の料理を試食したり、結婚式で流す映像作成を依頼するなど、細々とした内容を1つ1つ決めていく必要があります。

自分達らしさを出すために、招待状や引き出物を手作りにする人もいます。
ですが手作りにすれば、さらにやる事は増えるので、スケジュールを考慮して手作りをする時間的余裕があるかどうか、判断して下さい。
他にも招待状を送り、披露宴のプログラム決めや余興の依頼、司会者、引き出物もこの時期にやっておきましょう。