結婚式の準備はやる事がたくさんあって、本当に大変です。
しかしながら、結婚式の準備をする前、準備をしておかないといけない事があります。
それは結婚資金を準備しておく事です。
では、結婚資金はいくらぐらい準備しておくと、足りるのでしょうか?

結婚式の準備をする前に結婚資金の準備を

親戚や友達の結婚式に参加した事があるという人は、多いでしょう。
ですがその時に結婚式にいくらぐらい費用がかかったのか、お金の事は聞きづらいですよね。
そのため、自分達が結婚式を挙げる時に、一体どれぐらいの費用がかかるのか見当もつかない。
そんな人も多いのではないでしょうか?

では、結婚資金について紹介します。
まず結婚式と披露宴の費用は、2017年度の全国平均データでは、「354.8万円」となっています。
この数字をみて、こんなにかかるの?と驚いた人も多いでしょう。

ですがあくまでもこの金額は平均値です。
結婚式に拘りがあったり、招待客が多い場合は、これ以上の金額がかかります。
だからこそ結婚式の準備を始めるかなり前から、結婚資金の準備を2人で協力して貯めておく事をお勧めします。

結婚資金の内訳

では次は、なぜこんなに結婚式にかかるお金が高いのか、その内訳について紹介します。
まず挙式に30万円、料理や飲み物に122万円、ウェディングドレスは1着25万円、新郎は16万円。

さらにお色直しをしてドレスを変えると、料金はアップします。
式場に飾る花代に16万円、写真に21万円、ビデオに19万円、引き出物に5000円×招待客の人数などが主なお金の内訳になります。

ただ結婚資金とは、結婚式以外にもまだまだお金はかかります。
婚約指輪や結納金、ハネムーンや結婚祝いのお返し代、そして結婚して新婚生活でかかるお金もかかります。

とにかくお金がたくさんかかってしまうので、結婚資金の準備はなるべく早い段階からコツコツと貯めていきましょう。