結婚式の主役は、新郎新婦です。
思い出に残るようないい結婚式にしたい、そう誰もが思っているでしょう。
ですが結婚式と言えば、結婚式の準備がとにかく大変です。

初めて結婚式をするという人が大半で、経験がないために、何をどうすればいいのか分からずに不安かもしれません。
なので結婚式の準備について、いろいろと紹介していきます。

結婚式の準備はいつから始めるのが正解?

結婚式の準備は、半年前から始めるのが一般的です。
しかし人気の結婚式場で結婚式を挙げたい人や、オーダーメイドのウェディングドレスを着たい人など、結婚式に拘りがある人は、1年前から準備を始める人もいます。

ですが事情があって、準備期間が短いけれど、結婚式を挙げたいというカップルもいます。
その場合は、慌ただしいですが3ヶ月未満で準備をする人もいます。
そのため、あくまで半年前は目安に過ぎません。
肝心な事は、自分達が満足のいく結婚式を挙げる事です。

結婚式の準備のスケジュールを把握しよう

結婚式場選びからスタート

では次は、結婚式の準備のスケジュールについて紹介していきます。
まず最初にする事は、結婚式のイメージを明確にする事です。
ホテルで結婚式を挙げたいのか、教会や神社で結婚式を挙げたいのか、アットホームにレストランを貸し切って挙げたいなど、それぞれ理想があるはずです。

そして次に招待客の人数を考慮した上で、収容可能な場所を選んでいく必要があります。
また招待客に関しては、結婚式場までのアクセスも考慮する必要があります。
遠方の場合、新幹線や飛行機を利用する事もあるので、アクセスが良い場所を選びましょう。

あと予算によっても、結婚式場の選び方は変わってきます。
結婚式場が決まり、結婚式の日程が決定すれば、その日程から逆算してスケジュールを決めていきます。

4〜6ヶ月前に準備しておきたい事

4〜6月前から結婚式の会場と打ち合わせがスタートします。
他にもこの時期は、ウエディングドレスを決める、結婚指輪を決める、招待客のリストを作成するなど、早めに準備が出来る事は、出来るだけ前倒しで準備しておく事をお勧めします。

花嫁の場合は、結婚式に向けて痩せてキレイになりたい、脱毛をしてすべすべの肌になりたいという人も多いでしょう。
エステでは、短期間の集中コースもありますが、やはりしっかり効果を出したいなら、6ヶ月前から身体の準備もしておく事をお勧めします。

3ヶ月前に準備しておきたい事

3ヶ月前になったら、そろそろ招待状の発送の準備をしておく必要があります。
招待状のデザインを決めて、印刷もすませておきましょう。
あと、二次会の準備もしておく必要があります。

まずは幹事を決めて、幹事と一緒に二次会の会場選びを行いましょう。
結婚式の打ち合わせで、式場の料理の試食などが出来るのもこの時期です。
司会者や引き出物の内容、余興の依頼など、リストアップしておき、依頼するのを忘れないように注意して下さい。

結婚式の大まかな事は決定しているので、この時期は細々とした準備を次々と片づけていくイメージです。

1ヶ月前に準備してやりたい事

1ヶ月前になると、いよいよ結婚式も近づき、バタバタと忙しくなってきます。
この時期には、ヘアメイクのリハーサルや披露宴の演出、BGMの決定、招待状の返信の確認などの最終チェックを行います。

そして直前にやるべき事は、出席者の最終確認を行い、挨拶や手紙の内容を考えたり、心付けや車代の準備もしておきましょう。
あと花嫁は、ギリギリまで、エステやネイルサロンで、キレイを磨いて下さい。

結婚式に向けて、体調などのコンディションを整えておく事も重要です。
しなければいけない事が多くて大変ですが、ここまでくればあと一息です。

結婚式の準備を軽減する方法

結婚式の準備は、大変だけど初めての共同作業で2人の絆が深まるし、結婚するんだと実感出来るので、楽しい。
そんなふうに思える人は、幸せ者です。
しかしながら現実問題として、これらの準備を仕事をしながら実行する訳です。

仕事が忙しいという人や、出来ちゃった婚で妊娠しているため、つわりが大変で準備がまともに出来なそう。
そんな人もいるかもしれません。
では結婚式の準備を軽減する方法はあるのでしょうか?

海外で挙式をすれば準備は少ない

結婚式の準備を軽減する方法として、海外での挙式を選択するのも1つの方法だと言えます。
海外での挙式は、家族や親友など限られた人数しか呼びません。
また日本の結婚式ほど格式ばった結婚式ではないので、準備が少ないのが特徴です。

しかも海外旅行が出来るので、そのままハネムーンを兼ねる事が出来ますし、家族や親友の旅費を負担した場合でも、結婚式にかかる総額は国内で挙式する相場料金と比較しても安く抑える事が出来ます。
妊娠中だと、海外の旅行は心配ですが、仕事が忙しくて準備が出来ない人は、海外での挙式も検討してみてはいかがでしょうか?

結婚式の二次会の代行を利用する

最近は家事代行など、様々な事を代行業者が行ってくれます。
実は結婚式でも、代行業者のサービスを利用する事が可能です。
どのような代行業者に依頼するのかというと、結婚式の二次会代行業者がお勧めです。

結婚式の二次会の幹事選びや余興を依頼する人を選ぶのって難しいですよね。
当日だけではなく、幹事になると準備期間が長いですし、社交的で会場を盛り上げ、臨機応変に対応が出来る人でなければいけません。

ですが招待客の中に適切な人がいないという場合もあるでしょう。
そんな時に、二次会代行業者に依頼すれば、プロに丸投げする事が出来るので、新郎新婦の準備の負担もかなり軽減されます。友達にも負担をかけずに、結婚式や二次会を楽しんでもらえるというメリットもあります。

結婚式準備代行サポーターを利用する

実は二次会の代行業者だけでなく、結婚式の準備そのものを代行してくれるサービスも存在しています。新郎新婦に代わって、結婚式場の会場に足を運んで、担当者と打ち合わせを行ったり、当日までのスケジュール管理は、バッチリです。

結婚式の準備が忙しすぎて、マリッジブルーになり破局なんて事になったら大変です。
それぐらいなら、自分たちの結婚式ですが、人任せにしても全然OKだと割り切りましょう。
他にも業者に頼まなくても、結婚式の経験がある兄弟や友達がいるのであれば、手伝ってもらうなど、人に頼る事も時には必要だと言えます。

結婚式の準備を楽しむコツ

結婚式の準備に疲れてしまう新郎新婦はたくさんいます。
確かにしなければいけない準備が多くて大変ですが、疲れ果てて当日を迎えてしまったら、結婚式の当日は、最高の晴れ舞台になるのでしょうか?

最高の晴れ舞台にするためには、結婚式の準備も楽しむ事が重要です。
では結婚式の準備を楽しむコツについて紹介します。

まず、過剰に拘る事を止めましょう。
会場やウエディングドレス、演出など、拘りすぎるとキリがなく、とんでもなく手間がかかってしまいます。
例えばウエディングドレスには思い入れがあるから、どうしても拘りたいという具合に、拘るポイントは絞り込み、妥協するポイントとの線引きをするといいでしょう。

また忙しいからこそ、気分転換が必要だと言えます。
実家に帰って両親に甘えたり、自分の好きな事をする時間を作るなど、上手に息抜きをして下さい。

手芸をしたり、絵を描くなどの細かい作業が好きという人であれば、結婚式のアイテムを作る事も気分転換になります。
ウェルカムボードや招待状など、手作りにする事で、自分達らしさを演出する事にもつながります。

ただし細かい作業が苦手な人だと逆に、手作りにする事で準備に余計な手間が増えてストレスに感じてしまうので注意が必要です。